国立でおすすめのスポーツジム・フィットネスをご紹介!口コミで評判の高いジムを徹底比較しました。

利用前に把握しておこう!女性にとって通いやすいジムとは?

公開日:2021/10/15


「ジムに通ってみたいが、どのようにジムを選べばいいのかわからない「という女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、女性にとって通いやすいジムの特徴や事前に確認しておくべきことを紹介します。またジム選びをする際に重要な、ジムの種類についても解説しているので、参考にしてください。

女性にとって通いやすいジムとは?

ジムの中には、女性にとっては通いにくいジムもあります。そのため、ジムに通う際は、女性にとって通いやすい工夫がされているのか確認することが重要です。どのようなジムが女性に通いやすいジムなのか見ていきましょう。

食事指導を受けられる

ダイエットを理由にジム通いをするという女性も多いのではないでしょうか。一般的に女性は、皮下脂肪型肥満になりやすいといわれており、その原因は食べすぎです。そのため、ジムでトレーニングすると同時に、食事制限をする必要があります。食事指導をしてくれるジムであれば、栄養バランスだけでなく、彩りのことも考えたメニューを作ってくれるでしょう。また、忙くて食事制限をする時間がないという方は、外食やコンビニ食を容認してくれるジムを選ぶようにしてください。

女性特有の悩みを解消してくれる

便秘や生理痛など、女性特有の悩みは、男性トレーナーに相談しづらいです。そのため、長期的にジム通いを考えているという方は、女性特有の悩みを相談しやすいジムに通うことがおすすめです。女性トレーナーが多いジムや女性専用のジムを探してみましょう。

アメニティグッズが豊富に揃っている

アメニティグッズが豊富に揃っていると、トレーニングの前に化粧を落とすことや、トレーニング後に化粧を落とせます。また、荷物がかさばる心配もありません。ジムを選ぶ際は、シューズやウェアのレンタルだけではなく、アメニティグッズが揃っているのかも確認しておきましょう。

周りの目を気にせずトレーニングができる

男女兼用のジムであれば、男性に体型やすっぴんを見られてしまいます。周りの目を気にしてしまうと、どうしてもトレーニングに集中できません。そのため、周りからの目が気になるという方は、女性専用のジムに通うことがおすすめです。また、中にはスタッフ全員が女性のジムもあるので探してみるといいでしょう。

女性がジムを選ぶ際に意識して確認するべき点

ジム選びは成果やモチベーションにもつながるため、とても重要です。そのため、女性がジムを選ぶ際は、どのようなことを意識して選ぶべきなのか知っておく必要があります。ジムを選ぶ際に意識して確認するべき点を紹介するので参考にしてください。

通いやすさ

ジムを契約すると、継続的に通う必要があります。そのため、なるべく自宅や職場から近い距離にあるジムを選ぶようにしましょう。また、通いやすさを重視する際は、立地だけではなく、営業時間や予約の取りやすさも気にかけましょう。自身のライフスタイルに合ったジムを選ぶようにしてください。

シャワールームやお風呂設備の有無

トレーニング後は汗をかくため、シャワーやお風呂で清潔にしてから帰りたい方も多いでしょう。そのような方はシャワールームやお風呂設備の有無を確認しておきましょう。そのほかアメニティグッズが豊富に揃っているジムもあるので、事前に確認しておきましょう。

パウダールームの有無

ジムの中には、パウダールームが設備されているジムがあります。パウダールームがあると、トレーニングで汗を流したあと化粧直しが可能です。そのため女性の方は、パウダールームの有無や広さを確認しておくといいでしょう。また、トレーニング後にスペースをゆったり使いたい方は、パウダールームだけではなく更衣室の広さも確認しておきましょう。

ジムのトレーニング方針

ジムの中には、体を引き締めることに力を入れているジムやストイックなトレーニングを提案するジムがあります。そのため、ジム選びをする際は、どのような方針のジムなのか確認しておくといいでしょう。とくに初めてジムに通う女性は筋肉量が少ないため、追い込むようなトレーニングを提案するジムではなく、無理のないトレーニングを提案してくれるジムがおすすめです。

利用料金

ジムを選ぶ際は、設備やプログラムだけではなく、通い続けられる利用料金なのか確認しておく必要があります。またジムによっては、頭金や初期費用、解約金などがかかる場合があります。そのため気になるジムがある際は、必ず料金体系をチェックしましょう。

ジムの種類とそれぞれ向いている人の特徴についても確認!

ジムには「公営のジム」「スポーツジム」「パーソナルトレーニングジム」の3種類があります。それぞれのジムにメリットとデメリットがあり、目的によって利用するジムが異なります。3種類のジムの特徴を解説するので、自分の目的に合ったジムを見つけましょう。

公営のジム

公営のジムは、都道府県や市区町村が運営しているジムのことをいいます。公営ジムに通うメリットは、利用料金が安いところです。また、会員制ではないため、いつ誰でも利用できるというメリットがあります。しかし、料金が安いぶん、スポーツジムやパーソナルトレーニングジムに比べると設備が充実していない傾向にあります。

スポーツジム

スポーツジムは月額料金を支払った方のみが通える、会員制タイプのジムです。スポーツジムに通うメリットは、充実した環境でトレーニングができる点です。トレーニングジムの中には、プールやサウナなども設備されていることもあります。公営のジムに比べると利用料金は高く、月額料金が1万円以上になることも珍しくありません。そのぶん目的意識の強い人が集まるため、しっかり運動したい方はスポーツジムがおすすめです。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルジムは、利用者とトレーナーがマンツーマンでトレーニングするジムのことをいいます。パーソナルトレーニングジムに通うメリットは、トレーナーがついてくれるため、正しいトレーニングの仕方やマシンの使い方がわかるところです。また、トレーナーと二人三脚でトレーニングをするため、モチベーションも保ちやすいのが特徴です。しかしトレーナーをつけるため、公営のジムやトレーニングジムに比べると料金が高くなります。高い料金を支払ってでも結果が欲しいという方に、パーソナルトレーニングジムは向いています。

 

女性がジム選びをする際は、女性にとって通いやすい環境のジムを選ぶことが重要です。そのため立地や料金だけではなく、パウダールームの有無やアメニティグッズの豊富さなども調べるようにしましょう。それぞれのジムにメリットやデメリットがあるため、しっかりと把握しておきましょう。

【国立】人気スポーツジム・フィットネスジム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ&スパ
ルネサンス 国立24
クニタチスポーツガーデンゴールドジム国立東京FASTGYM国立富士見台エニタイムフィットネス国立
特徴国立駅から徒歩3分!マシンもお風呂も充実の施設
初めてでも1人でも気軽に参加できるプログラムが充実
無料トレーニングサポートしてくれるから初心者も安心
在籍条件なしだから、初心者でも安心して入会できる
わかりやすい料金設定で24時間いつでも利用可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧