国立でおすすめのスポーツジム・フィットネスをご紹介!口コミで評判の高いジムを徹底比較しました。

運動不足の解消に!ノルディックウォークの効果と向いている人の特徴

公開日:2021/01/01

ノルディックウォークをご存知でしょうか?ノルディックウォークは、北欧フィンランド発祥の、2本のポールを持ってウォーキングするスポーツです。フィンランドでは、1930年代にクロスカントリーの選手が夏場に行うトレーニングとして活用されたのがはじまりで、最近では全身運動効果が高い運動として、世界中で人気が高まっています。

ノルディックウォークってどんなもの?

ノルディックウォークは世代を問わず、フットネス、健康維持増進、機能維持向上、継続的な運動習慣の定着などを目的とした、2本のポールを持って歩くスポーツです。発祥は1930年頃、クロスカントリースキー選手のオフシーズンのトレーニングとして、2本のポールを持ってランニング、ウォーキングを行い、下半身だけでなく全身のトレーニングに用いられたことがはじまりだといわれています。

その後、1997年頃から健康増進のために、フィンランドで2本のポールを持って歩くことがノルディックウォークとして提唱され、2000年頃からヨーロッパを中心に普及していきました。現在、ヨーロッパでは愛好家が増えているスポーツといわれていて、さまざまな場所にノルディックウォーク用のコースが設置されています。

近年は、日本でも効率のよいフィットネスウォークとして認知されているようです。2本のポールを地面に対して力を加えて歩くので、通常のウォーキングより高い強度で、ランニングより負担の少ない全身運動としてシェイプアップやトレーニングとして広く普及してきています。

長野県や山形県、岩手県、青森県、宮城県、新潟県、北海道においてノルディックウォークのコースが設置され、大会も開催されているようです。森や湖、小川のほとりなど、自然の中を歩くノルディックウォークは運動効果だけでなく、森林セラピー効果も期待されています。

さらに、両手にポールを持って歩くので、身体の90%を活用する全身運動を行えるのです。カロリーを効率よく消費させますが、両足にかかる負担は軽減されるので、健康維持はもちろん医療や介護からアスリートのトレーニング、運動不足解消にまで幅広く利用されています。

ウォーキングスタイルは3種類あるようです。運動強度の軽めのディフェンシブスタイルは、ポールを垂直に突いて肘はやや伸ばし気味でスタンスも広めとされています。基本のウォーキングスタイルで、姿勢矯正にも効果があるようです。

運動強度が中程度のアグレッシブスタイルは、腕を前に出しているが肘はやや曲げ気味で、ポールを斜めに突きます。ノルディックウォークの最も基本的なスタイルで、下半身だけでなく上肢を活用するため、四肢筋肉をバランスよくアップさせられるウォーキングスタイルです。

運動強度の強いアグレッシブスタイルは、腕を前に出してしっかりと肘を伸ばして斜めにポールを突きます。上腕三頭筋に大きな負荷がかかり、慣れてきたらポールを突く角度に合わせて上半身の角度を前方に倒してみましょう。より一層推進力を得ることができて、さらに運動強度の強いアスリート向けのポールランニングへと発展していきます。

ノルディックウォークによって得られる効果

ノルディックウォークは2本のポールを持って歩くことで全身の約90%を活用するので、通常のウォーキングと比較して、20~30%運動効果をアップさせることができます。ウォーキングと比べて腕の振りも大きく、歩幅も広がって上半身と下半身が自然にねじれる回旋動作が生まれるため、二の腕、ウエスト、ヒップのシェイプアップ効果も期待できるでしょう。

また、ポールを使用してウォーキングするので、目線が上がり、胸を開いて呼吸ことで、リフレッシュにもつながる上に、背筋も伸びて、美しい姿勢を維持できます。さらに、普段より肩甲骨周りが大きく動くので、首や肩こりの解消にも効果があるといわれているようです。同時に歩幅も広がることで股関節の可動域も広がって、足の運びも正しくなり、体のすみずみまで血流増進にもつながります。冷え性の予防や全身のリラクゼーションとしても効果が期待できるでしょう。

ノルディックウォークが向いている人の特徴

ノルディックウォークは身体の90%の筋肉を活用し、同じ歩行でより多くの運動量が見込めるようです。そのため、メタボリック症候群、高脂血圧症、高血圧、糖尿病を指摘されている方の生活習慣病などの予防として期待されています

また、両手にポールを持って歩行するため、歩行時に3点支持、4足歩行となって、膝や関節などへの負担が軽減できるようです。そのため、体感的にも楽に感じる上に転倒予防にもなります。スポーツの苦手な方や高齢で体力に自信のない方、腰痛、ひざ痛、股関節痛があって悩んでいる方、さらにリハビリテーションや介護での活用も可能です。もちろんポールを持つことで背筋が伸びるといわれており、シェイプアップや姿勢矯正、美しく歩きたい人、さらに、血行がよくなることによる肩こり解消にも効果が期待されています。

 

ノルディックウォークは、世界中で人気が高まっているスポーツの1つです。全身運動なので、通常のウォーキングよりも運動効果が高いようです。そのため、効率的に運動がしたいなら、ノルディックウォークにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【国立】人気スポーツジム・フィットネスジム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ&スパ
ルネサンス 国立24
クニタチスポーツガーデンゴールドジム国立東京FASTGYM国立富士見台エニタイムフィットネス国立
特徴国立駅から徒歩3分!マシンもお風呂も充実の施設
初めてでも1人でも気軽に参加できるプログラムが充実
無料トレーニングサポートしてくれるから初心者も安心
在籍条件なしだから、初心者でも安心して入会できる
わかりやすい料金設定で24時間いつでも利用可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索