国立でおすすめのスポーツジム・フィットネスをご紹介!口コミで評判の高いジムを徹底比較しました。

間食はダイエットの敵?おやつの太りにくい食べ方を大公開!

公開日:2021/01/01

ダイエット中におやつを食べたいけれど、体重増加が気になって食べにくいものですよね。そこで、今回はおやつの太りにくい食べ方を紹介します。おやつが欲しくなる身体のサインを理解することで、上手に取り入れられるようになるでしょう。おやつを上手にとることでストレスを軽減し、健康的なダイエット効率がさらに高まるので参考としてください。

ダイエット中でもおやつは食べて大丈夫!

多くの人がダイエット中のおやつは厳禁!我慢しなくてはいけない、と思い込んでいるのではないでしょうか。しかし、実はダイエット中でもおやつを食べても問題ありません。むしろ、おやつを食べたいという感覚は大切なものです。

もちろん、食べ過ぎや高カロリーなおやつばかり食べていたらダイエットは成功しません。しかし、おやつを食べたい感覚について正しく理解することで、ダイエット中におやつをうまく取り入れられるようになります。ストレスをため込まず、ダイエットを成功させるためにも、しっかり理解を深めて太りにくいおやつの食べ方を身につけていきましょう

ダイエット中の食欲パターン

まずはダイエット中の食欲について正しく理解していきましょう。ダイエットでよく陥りがちな、食べたいのに我慢する方法は長続きせず、ストレスが強くかかってきます。心も体もスッキリとさせるためには我慢は禁物です。健康的にストレスなくダイエットを成功させるためにも、身体が必要としているもののサインを上手にキャッチしましょう

身体が疲れているときには、疲労回復のために必要な栄養素を欲したり、身体の免疫が落ちている時には免疫力向上に必要な栄養素を欲したり、逆に栄養は足りているのに「食べたい」と感じるときには「心」を満たしたい時に欲したりします。「何か食べたい」と思うことは、大切なサインであることがわかりますよね。このサインを見逃さずに、必要なもので満たすことができれば、適度にバランスのとれた食事ができるようになります。

ダイエット中におやつを食べてもよい理由

ダイエット中におやつを食べてよい理由として「身体が必要なエネルギー」をしっかり摂取して満たす必要があることと「飢餓状態にならないようにする」ことがあります。食事の合間に適度に栄養補給できれば、おやつを食べることがダイエットをよりよいものにしてくれるでしょう。

また、ダイエットで食事制限をする場合に気をつけなければならないことは、「飢餓状態」にならないように配慮することです。太らないように気をつけて、食事制限をしたり、おやつを我慢したりしているのに、体重が変わらないのはつらいことですよね。これは過度な食事制限を続けることによって、身体に必要な栄養素がしっかり取り入れられないために「生命維持機能」が働き、身体が省エネモードになっているのです。

少ないエネルギーでも身体を維持する機能が働くため、食事量を減らしたりおやつを我慢しても体重が減らなかったり、逆に太ってしまうといったことが起きてしまいます。必要なエネルギーを摂取して、カロリー摂取した分は運動などでカロリー消費していくことが大切です。

ダイエット中におすすめのおやつ

ダイエット中に食べても太りにくいおやつは、ナッツやヨーグルト、果物などが代表的ですよね。ここでは、食欲に合わせたおすすめのおやつを紹介します。

甘いものを欲している

身体が疲れている時には糖分を欲します。市販のチョコレートやクッキー、菓子パンなどには白砂糖が多く入っておりダイエット中には適しません。上手に糖分を摂取するためにおすすめなものを紹介します。

・果物(バナナ、みかん、パイナップル、オレンジなど)
・黒糖(白砂糖と違い血糖値を上げにくい、ミネラルが含まれている)
・ドライフルーツ(デーツ、ドライいちじくなど)

酸っぱいものを欲している

身体が疲れている時、油っこいものを食べ過ぎた時などは「酸っぱい」ものが欲しくなります。

・果物(キウイ、オレンジ、レモンなど)
・レモン水
・梅干し
・ヨーグルト

油っこいものを欲している

果物や野菜などヘルシーなもので満足できればよいですが、時には油っこいものが欲しくなりますよね。「脂質」も人間の身体を維持するために欠かせない栄養素の1つです。ダイエット中はとくに「良質な脂質」を摂取することを心がけましょう

・ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、ココナッツなど)
・ココナッツオイルやオリーブオイル

おやつを食べすぎないための秘訣

おやつを食べすぎないためには、時間や量、カロリーなどを意識してみましょう。

1日に食べてもいいおやつのカロリーを決める

ダイエット中のおやつの食べ過ぎを防ぐために、明確に数値化するとわかりやすいです。1日の総摂取カロリー1割を目安としておやつを食べてみましょう。とくに、14~16時にフルーツで糖分をとると、夕飯の食べ過ぎを防止できます。時間や、摂取カロリーを意識して数値化してみましょう。

ちょっとずつ食べる

お腹が空いたと感じたら、少しだけお皿におやつを取分けたり、小分けのおやつを用意したりするようにして食べ過ぎ防止を防ぎましょう。

チートデイをつくる

チートデイとは7~10日に1回程度の頻度で「なんでも食べていい日」を作ることです。ご褒美デーを作ると、ストレスなくダイエットを継続できます。チートデイを取り入れることで、飢餓状態も避けられるため、ダイエットの効率もあがるでしょう。

 

今回はダイエット中におやつを上手に取り入れる方法を紹介しました。うまくおやつを取り入れることで、身体に必要な栄養を摂取でき、ダイエット中のストレスも軽減されます。トレーニングやダイエットの際に参考にしてみてください。

【国立】人気スポーツジム・フィットネスジム比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名スポーツクラブ&スパ
ルネサンス 国立24
クニタチスポーツガーデンゴールドジム国立東京FASTGYM国立富士見台エニタイムフィットネス国立
特徴国立駅から徒歩3分!マシンもお風呂も充実の施設
初めてでも1人でも気軽に参加できるプログラムが充実
無料トレーニングサポートしてくれるから初心者も安心
在籍条件なしだから、初心者でも安心して入会できる
わかりやすい料金設定で24時間いつでも利用可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧